こだわった描写|女性を唸らす女性用AVとは!?その人気を解明!

こだわった描写

キーボードを打っている手元

例えば男性用ですと、おもいっきり男性や女性の性器が画面いっぱいに映ったりしますね。エロ画像などでもそういったものを見て、男なら「おお~!すげぇ!」となって興奮するものですが、女性はそうは感じません。
多少なりとも興奮はしますが「見たくないよ~」というのが、正直なところ。
では女性向けAVではどういった見せ方をしているのか?実はこれらの作品では女性が感じる男性のセクシーなシーンをそのかわりだと言わんばかりに丁寧に映して行きます。
ネクタイを結ぶシーンのアップ。煙草を持っている手。普段女性がきゅんきゅんしてしまうような普段の何気ない男性の仕草や部位のアップを見せて行くのです。
撮影時には、こういった部分をこだわりにこだわって何回も撮影しなおしているというほど。それほど女性にとってはきゅんきゅんポイントということです。

また、女性向けというだけあって、作品に登場する男性はイケメン揃いです。AV男優とは呼ばずにエロメンとも呼ばれています。
童顔に似合わないほどの細マッチョ。綺麗で男らしい顔立ちの人も居れば、中性的な顔立ちの男性も居て、それはまるで某特撮もののヒーローのよう。
彼らごとに企画や作品があるので、女性向けAVにどこから入って行っていいのかわからないという方は、気に入ったエロメンを見つけて、そこから入って行くというのがいいかもしれませんね。